グルメ

自分好みに定食をカスタマイズ!日本のソウルフード味噌汁でほっこり

2018.04.12 washoku/osake

S__68976672

スタイリッシュなビルの1階にあり、フクロウが染め抜かれた大きな暖簾が目印の「大衆食堂 フクロウ」。ぱっと見、雑貨店やギャラリー、おしゃれなカフェのように見えますが、野菜たっぷりランチが楽しめると京橋のビジネスパーソンに絶大な人気を誇る“食堂”です。

コンセプトは「おいしいお味噌汁を食べよう」
最寄り駅は都営浅草線の宝町。12時ちょうどに駅に到着し、急いで向かったところ、最後の一席に座れたというほどの人気店。12時15分には行列ができていました。店内は75席あり、天井が高く開放感があって気持ちがいい。
基本のセット『具沢山お味噌汁とごはんにお漬物』が600円というリーズナブルな価格設定にも驚くはず。このお店のコンセプトは、『美味しいお味噌汁を食べよう。』ということで、セットはお味噌汁が中心。ご飯、味噌汁、漬物の基本セットに、20種類以上の小鉢から好きなものを選び、自分好みの定食をカスタマイズします。最初にお会計をするので、食べた後にすぐにお店を出られるのも、忙しいビジネスパーソンにうれしいポイント。

S__69320706 まずは、週替わりで3種類ある味噌汁をチョイス。ご飯は白米か玄米かのどちらかを選べて、大盛り無料という太っ腹。

取材時の週替わりのお味噌汁は、『西京鶏汁』、『カレー豚汁』、『きのこけんちん』の三種類。サンプルを見ると、どれも大ぶりのお椀の中に人参、大根、ごぼう、長ねぎなどの野菜、豆腐や油揚げなどがたっぷり。
こちらのお味噌汁を口にして、家庭料理とプロの味の明確な違いを感じるのは、それぞれの野菜の旨みと味噌の深い味わいがしみわたっていくこと。 「契約農家から届く無農薬野菜や地鶏を使用しています。また、具材の美味しさを引き出すために、メニューに合わせて出汁や味噌を変えており、例えば『西京鶏汁』なら、昆布出汁・醤油・酒・塩・信州白みそ・赤だしを使っています」(店長・中尾さん 以下「」内同)
ちなみに、『カレー豚汁』にはかつお出汁に信州白みそ、『きのこけんちん』には、かつお・昆布出汁に西京・信州赤みそを使用しています。

20種類以上の小鉢から自分好みの定食をカスタマイズ!
基本のセットのお味噌汁を選んだら、おぼんを進めて次は総菜コーナーへ。20種類以上に及ぶ惣菜がズラリと並び、目移りしそうな光景。しかも、小鉢の値段は80円~150円(全て税込)で、全部おぼんに乗せたくなります。この中でも人気なのは、煮物、麻婆豆腐、納豆、とろろ、明太子、もやしナムルなど。オーダーを受けてから、揚げたてを提供する、コロッケなどのメニューも人気です。
見ているだけで優しい気持ちになる惣菜のラインナップを手がけるのは、調理スタッフとして働くベテランの主婦チーム。その日の食材を見て、ベストな調理法を決め、料理長の岡田さんとともに最終調整しているといいます。“家庭料理でありながら、プロの味”というこの店の魅力の根底は、ここにもありました。

S__69320707 圧倒的な人気を誇るのは、写真下段左の『春子母さんの厚焼き玉子』(100円・税込)。老舗の寿司屋さんに35年間勤務したスタッフの春子さんが焼き上げています。出汁が溶け合っているのに、食感はふわっとしている。生わさびが添えられているのも、寿司スタイル。

常連さんが圧倒的支持する、卵かけご飯のベストな食べ方とは?
周りを見ると、多くの人が、卵かけご飯を食べています。そこで、『「奥久慈卵」の生卵』(100円・税込)を追加したところ、卵本来の味がスキッと立っている滋味深い味わい。レジ前に置かれている『おかか』(無料)とともにご飯にかけ、お醤油をたらして熱々の内に食べるのが常連さんの食べ方。

気の利いたサービスに、午後のやる気もMAX!
とにかくサービスがきめ細かいのも、このお店の特徴。卓上にはアルミのヤカンが置かれており、中にはジャスミン茶がたっぷり。優しい味わいの料理に箸を進めていると、実家に帰ってお母さんの料理を食べているような気分に。栄養バランスを考えた献立、喉が渇いたら飲めるお茶など気の利いたサービスに、お腹だけでなく、心も満たされ午後のやる気も出て来ます。

S__68976683 『西京鶏汁』をベースに『ブロッコリーの胡麻和え』『くわい姿煮』をカスタム。鶏汁は甘口の西京みそに鶏肉や白菜の旨みが溶け合い優しい味わい。野菜にちょうどよく火が通っているのもプロの味。玄米はふっくら炊きあがっており、大盛りにすればよかったと後悔。

S__68976684 醤油仕立ての『きのこけんちん』を中心に『ごぼうとこんにゃくのピリ辛煮』『シャキシャキ切り干し大根』『春子母さんの厚焼き玉子』『麻婆ナス』をセレクト。濃厚な赤だしの味噌汁に、甘い卵焼きが合う。ご飯におかかをかけてもいい。

飲んだ翌日に駆け込む人も多数! 出汁と味噌の旨みが体に沁みる
お腹いっぱい食べても体が軽いのは、「旬の野菜のパワーを取り入れたからだ」と実感。「具沢山のお味噌汁は、二日酔いだというビジネスパーソンの皆様にも支持されています。惣菜も野菜中心だから、体調に合わせて選ぶ人も多くいます。例えば、体がスッキリしない時は、食物繊維豊富な根菜やキノコ類を多めに選んだり、体型が気になる人は炭水化物を控えるなどです。もちろん、ガッツリ気分の時の揚げ物やお肉料理などもありますから、毎日お見えになっても飽きないと思います」

今回食べたランチ
一の膳:「西京鶏汁」(玄米ごはん・漬物) 600円(税込)
    「ブロッコリーの胡麻和え」 100円(税込)
    「くわい姿煮」 100円(税込)
二の膳:「きのこけんちん」(玄米ごはん・漬物・おかか) 600円(税込)
    「春子母さんの厚焼き玉子」 100円(税込)
    「麻婆ナス」 150円(税込)
    「シャキシャキ切り干し大根」 80円(税込)
    「ごぼうとこんにゃくのピリ辛煮」 100円(税込)

ランチマップを見る

INFORMATION

名称 大衆食堂 フクロウ
住所
電話番号 03-6228-6696
営業時間 【ランチ】[月~金]11:30~14:30(L.O.14:00)
     [土曜] 11:30~14:00(L.O.13:30)
【ディナー】[月~金]17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日 日・祝(土曜日は11時半~14時(L.O.13時半)までランチ営業)

RELATED POSTS 関連記事

SNAP 京橋スナップ