インタビュー

私と全国をつないでくれた京橋は、新しい価値と出合える宝箱のような街なんです

フリーアナウンサー:榎戸教子

2015.10.02

京橋をhub(ハブ)にして日本全国をとびまわる  

私が京橋に住み始めたのは2008年の春頃から1年くらい。ちょうど大阪の放送局を辞めてフリーアナウンサーに転身した頃で、これからの不安もありましたが、将来へのワクワクも同時に感じていた、そういう時期でした。いまでも京橋の街並みを見ると「東京生活はここから出発したんだ」という懐かしい気持ちと、あの時の感覚が蘇って来て私にとってとっても大切な場所ですね。
住む場所を京橋に決めたのは、とにかく交通の便がいいから。当時は大阪の仕事も東京の仕事もあり、新幹線で移動する機会が多かったんです。家を出てから10分後には新幹線に乗れるという場所は他にはなく、本当に便利でしたね。東京近郊の人が都内に通う感覚で大阪に通う事ができました。都内の移動も、銀座線って最初に出来た地下鉄だからなのか、ホームの位置が地上から浅い場所にあるので、他の地下鉄駅みたいに深くまで潜らなくていいし、好きな街を通っているのも気に入っていました。そういう意味では、京橋って、移動の多いビジネスマンにはうってつけの場所だと思います。東京駅から成田も羽田もアクセスしやすく、京橋にとどまるのではなく、京橋をhub(ハブ)にして、日本全国へ飛び回ることが可能な立地だと思います。

建物ができると人の流れが変わる、京橋の今と昔

平日はオフィスワーカーが多く活気に溢れているのに、週末になるとガランと静かになってしまうのが数年前までの京橋という印象です。住んでいた時は静かに暮らせて心地よくはあったのですが、「すぐ隣の銀座はあんなに賑やかなのに」と残念に感じていました。
でも、最近では新しい商業施設が建てられ、以前と人の流れが変わりつつあるのを訪れる度に感じています。これからどんどん変わっていって銀座の賑わいが京橋まで連続していくといいですよね。現在も、いくつかのビルが新たに建設されていますし、変化はまだまだこれから、という印象。これからどんな街に変わっていくのか、私もワクワクしています。

カレー屋めぐりがお気に入りです

本当にカレーが大好きで、将来はカレー屋を開きたいって考えてるくらいなんです(笑)。目覚めたきっかけは、インド旅行で食べた本場のインドカレー。今まで食べていた家庭のカレーとの違いに、衝撃を受けました。カレーって日本のものは煮込むイメージがあると思うんですけど、インドのものはスパイスを入れてささっと作っちゃう。インドでは手軽に食べれるものなんですよね。それからスパイスにも様々な種類があることを知って、奥の深さにハマってしまいました。
カレーといえば神保町も有名ですが、京橋も負けてない。銀座にも有名店はありますし、この辺はカレー好きにはたまらないエリアなんです。
南インドカレーの「ダバ インディア」は好きなカレー屋さんのベスト5には入る大好きなお店。店内の雰囲気も洞窟みたいで素敵です。昼時には行列が出来るので私は少しお昼を過ぎてから行くようにしています。そうすると並ばずに入れるんですよ。「京橋屋カレー」も名店です。店内には「食事に集中できない方のご利用はお断りします」というような注意書きもあって、背筋をのばしてカレーと向き合いたくなるようなカレー屋さんなんです。メニューに「ときえカレー」というのがあって、最初は奥さまの名前かなって思っていたんですが、大将に聞いてみると使っている食材の名前で鶏、キャベツ、エビの頭文字だったんです(笑)。思いがけない情報が聞けるので、店員さんとお話しするのもお勧めですよ。他にも、「三丁目のカレー屋さん」や「もうやんカレー」など、個性的な名店が沢山あります。
私は、今でもカレーの魅力に惹かれて京橋を訪れています。カレーってそのために、わざわざ足を運びたくなる料理なんです。カレーを食べに是非、京橋に足を運んでほしいですね。

ぶらり散歩でお宝に出会える

京橋は散歩するのが楽しい街でもあるんです。
私、あみだくじのように道を通るのが好きで毎日道を変えるのですが、ふらりと入れる画廊があったり、小さな路地にフレンチがあったり、京橋って素敵なお店がポッとあるんです。
ある時いつものように散歩していると、草間彌生さんの絵が何気なく飾ってある画廊を見つけたんです。こんな風にウィンドウショッピングのような感じで本物に出会える楽しみもあります。大きな通りから、一本入ると昔ながらの街並みが残っていて風情があり、町が大きすぎず小さすぎず、ちょうど良いサイズなんです。それが京橋ならではの魅力なのかもしれませんね。

利便性も良く、変化を楽しめる街

京橋は新しいものも柔軟に取り入れる町文化のため、これからの変化を楽しむことができる街です。ここにオフィスを構えたり、住んでみたりすると、「東京にこんなに便利な場所があったんだ」と実感すると思います。銀座は行ったことがあっても、京橋には来たことがない方は多いと思いますが、少し足をのばすだけで、まだ見ぬ世界を発見できるかもしれません。ますます便利に変わりゆく京橋を、ぜひ訪れてみてください。

PROFILE

フリーアナウンサー:榎戸教子
静岡県出身。さくらんぼテレビ(フジ系)、テレビ大阪(テレ東系)のアナウンサーを経てフリーアナウンサーに。2008年より日経 CNBC キャスターを務め、『Nikkei モーニングプラス(BS ジャパン)』、『M プラス 11(テレビ東京)』等に出演中。京橋には上京してから1年程度居住。自他ともに認める大のカレー好き。

RELATED POSTS 関連記事

SNAP 京橋スナップ