イベント情報

自選シリーズ 現代日本の映画監督 5 押井 守[ 終了しました ]

2017.1.10(火)~2017.1.22(日) 東京国立近代美術館フィルムセンター

2017-01-10  movie

%e6%8a%bc%e4%ba%95%e5%ae%88_%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%9b%bd%e7%ab%8b%e8%bf%91%e4%bb%a3%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

  • %e6%8a%bc%e4%ba%95%e5%ae%88_%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%9b%bd%e7%ab%8b%e8%bf%91%e4%bb%a3%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

恒例となったフィルムセンターの上映企画「自選シリーズ 現代日本の映画監督」。
日本のアニメ100周年にもあたる2017年開催の第5回は、押井守監督を取り上げます。TVアニメ−ションの絵コンテ、演出からキャリアをスタートした押井監督は1983年に『うる星やつら オンリー・ユー』で劇場映画監督デビュー。その後、独特の押井哲学に貫かれた『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』、劇場版「機動警察パトレイバー」2部作、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』等の作品は、ジェームズ・キャメロンやウォシャウスキー姉妹等にも多大な影響を与えました。また、アニメーションと実写映画の限界を越え、その地平を押し拡げることに挑んだ『天使のたまご』、『AVALON アヴァロン』、『INNOCENCE イノセンス』、『立喰師列伝』などの実験精神溢れる作品も高い評価を獲得しています。12プログラム、20作品という過去最大規模の押井監督特集でその軌跡を振り返り、トークイベントも交えて、「いま、押井守が目指す映画」をあぶり出していきます。

■押井守監督トークイベント
*入場無料(トークイベント前の上映をご覧になった方は、そのままトークイベントに参加することができます。トークイベントのみの参加もできます。)
1月10日(火)14時30分の回 『ケータイ捜査官7/圏外の女』[ディレクターズカット版]『THE NEXT GENERATION―パトレイバー― / EPISODE: 5, 6 大怪獣現わる』上映後
1月21日(火)12時30分の回 『ASSAULT GIRLS アサルトガールズ』ほか5本上映後

INFORMATION

開催日 2017.1.10(火)~2017.1.22(日)
開催時間 作品により異なりますので、ホームページよりスケジュールをご確認ください
休館日 月曜日
会場 〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-6
最寄駅
東京メトロ銀座線京橋駅1番出口より徒歩1分
都営浅草線宝町駅A4出口より徒歩1分
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅7番出口より徒歩5分
JR東京駅八重洲南口より徒歩10分
東京国立近代美術館フィルムセンター
入場料 一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円
障害者(付添は原則 1名まで)、キャンパスメバーズ無料
URL http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/oshii-2017-1/
お問い合わせ 電話:03-5777-8600 (ハローダイヤル)

RELATED EVENT 関連イベント

SNAP 京橋スナップ