イベント情報

映画プロデューサー 佐々木史朗[ 終了しました ]

2017.6.27(火)~2017.7.16(日) 東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール

2017-6-27  movie

NFCCalendar2017-6-cover700

  • NFCCalendar2017-6-cover700
映画プロデューサーに焦点を当てる新たな上映企画として「映画プロデューサー 佐々木史朗」を開催します。
1970年代末から現在まで、40年近くにわたる佐々木のプロデュース作品の中から、18人の監督が撮った18作品を上映します。 監督の個性が存分に表れた各作品の面白さを楽しんでいただくと共に、彼らを後押しする佐々木のプロデューサーとしての個性もご堪能ください。また、時代によるテーマや製作体制などの変遷を通して、現代日本映画が歩んできた多様で困難な道のりを改めて発見する機会にもなるでしょう。

会期中には、佐々木氏のトークイベントも開催します。
【佐々木史朗氏トークイベント】
7月1日(土)12:30pmの回 『家族ゲーム』上映後
7月8日(土)12:30pmの回 『ヒポクラテスたち』上映後
*入場無料
*当日1回目の上映をご覧になった方は、そのままトークイベントに参加することができます。
 トークイベントのみの参加もできます。
*追加情報は随時、ホームページ・館内掲示などで告知致します。
http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/shiro_sasaki-2017-6/#section1-4

<プロフィール紹介>
佐々木史朗(1939年大連生まれ、本名:佐々木正路まさみち)
学生時代に端を発する演劇活動や、テレビ制作のアルバイトを経て、1970年、テレビ番組等を制作する会社・東京ビデオセンターを設立します。そして同社の7周年記念として劇映画を製作したことをきっかけに映画界に進出し、1979年にATG(日本アートシアター・ギルド)の二代目社長に就任、橋浦方人や大森一樹、長崎俊一、森田芳光ら自主映画出身の作家たち、また井筒和幸や根岸吉太郎といった新進気鋭の監督たちの作品を次々とプロデュースし、話題をさらっていきます。
その後1989年には他の5人の独立系プロデューサーと共にアルゴ・プロジェクトに参加し、日本映画の新たな配給興行システムを確立する試みとして注目を集めます。さらに1993年には映画製作・配給会社であるオフィス・シロウズを立ち上げ、2017年の現在に至るまで、シネマコンプレックスの急速な普及や「製作委員会方式」など、大きく変容する1990年代以降の日本映画のあり方に対応しながらも、プロデューサーとしての原点は変わることなく、中江裕司や李相日、沖田修一など、才能ある若い作り手を世に送り出しています。

INFORMATION

開催日 2017.6.27(火)~2017.7.16(日)
開催時間 作品によって開映時間が異なります。
※詳細はホームページをご覧ください。
休館日 月曜日
会場 〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-6
最寄駅 東京メトロ銀座線京橋駅1番出口より徒歩1分
都営浅草線宝町駅A4出口より徒歩1分
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅7番出口より徒歩5分
JR東京駅八重洲南口より徒歩10分
東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール
入場料 一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/
障害者(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズは無料
URL http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/shiro_sasaki-2017-6/#section1-1
お問い合わせ 電話:03-5777-8600 (ハローダイヤル)

RELATED EVENT 関連イベント

SNAP 京橋スナップ