イベント情報

日韓国交正常化50周年 韓国映画1934-1959 創造と開花[ 終了しました ]

2015.11.21(土)~2015.12.26(土) 東京国立近代美術館フィルムセンター

2015-11-21  movie

kankoku01

  • kankoku01
  • kankoku02

2 0 1 5 年は日韓国交正常化5 0 周年にあたり、両国の友好を記念して相互に映画の特集上映を開催します。本特集においては, 映画文化を通じて両国の交流と相互理解を一層深めていくことを目的とし、韓国映像資料院の所蔵作品を中心に、韓国映画の第一次黄金期にあたる1 9 5 0 年代の優れた作品群と、近年発掘された1 9 3 0 年代から1 9 4 0 年代の貴重な作品に焦点をあて、およそ1ヶ月にわたり韓国映画の大規模回顧上映を行います。ドキュメンタリー、プロパガンダ、女性映画、児童映画、サスペンス、メロドラマ、ホームドラマなど多彩な作品を通して、いまだ知られざる韓国映画の豊饒な世界を明らかにします。会期初日には、下記日程におきましてオープニングセレモニーが行われます。

<オープニングセレモニー開催>
・日程:2015年11月21日(土)13:00
・開会挨拶
・作品上映:『自由夫人』1956年/三星映画/124分/35mm/白黒
商業的大成功をおさめ,朝鮮戦争後の韓国映画の興隆をリードした作品。当時話題を呼んだ新聞連載小説の映画化で、仕事を きっかけにダンス、社交、恋へと積極的になり、家庭から離れていく大学教授夫人を描く。本作後、韓瀅模はメロドラマ、喜 劇、ホームドラマと多彩なジャンルを手がけ、50年代韓国映画を代表する監督となった。
・監督:韓瀅模(ハンヒョンモ)
・定員:310名 *開映後の入場はできません。

<日韓国交正常化50周年 韓国映画1934-1959 創造と開花>
・会期:2015年11月21日(土)~12月26日(土)
・主催:文化庁、東京国立近代美術館フィルムセンター、駐日韓国大使館 韓国文化院、韓国映像資料院、福岡市総合図書館

韓国映像資料院所蔵作品を中心に21プログラム(27作品)を全作品日本語字幕付きで上映します。トーク・イベントやパフォーマンス上映など、多彩な関連イベントも予定しております。詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

INFORMATION

開催日 2015.11.21(土)~2015.12.26(土)
開催時間 作品により異なりますので、ホームページよりスケジュールをご確認ください
休館日 月曜日
会場 〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-6
最寄駅
東京メトロ銀座線京橋駅1番出口より徒歩1分
都営浅草線宝町駅A4出口より徒歩1分
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅7番出口より徒歩5分
JR東京駅八重洲南口より徒歩10分
東京国立近代美術館フィルムセンター
入場料 一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円
障害者(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズは無料
URL http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/korean-cinema-2015-12/
お問い合わせ 電話:03-5777-8600 (ハローダイヤル)

RELATED EVENT 関連イベント

SNAP 京橋スナップ