グルメ

国民的女優も愛した、140年以上続く老舗の和菓子「桃六(ももろく)」

2016.03.23 cafe/sweets


桃六1_680_453

京橋には老舗が多い。その中でも、国民的女優、近隣のビジネスパーソン、地元の方や子供達にまで愛されているお店の代表のひとつが、和菓子店の桃六です。店名の由来は、創業者である林六兵衛氏の名前だそうで、現在で5代目の林登美雄さんがその味を守り続けています。創業はなんと明治2年(1872年)までさかのぼります。つまり、140年以上も京橋の地に根差し、京橋の人々に愛され続けるお店として続いています。

桃六2_680_453

さて、桃六のお店に入ると、ケヤキの一枚板に彫られた立派な桃太郎の看板がお出迎え。ひと目で歴史を感じるこの看板は、93年前(1923年)の関東大震災の火災から残り、約70年前(1944~45年)の東京大空襲の戦火も逃れた桃六の宝で、老舗の風格を醸し出しています。
現在の店主・林登美雄さんのお母様である、林房子さんは「昔はキレイに色がついていたのです。」とこの看板の説明をしながら、桃六に代々伝わる幟を見せてくれました。「これは創業当時のものと言われています。明治時代、京橋のこの辺りは中橋南鞘町という地名で呼ばれており、それがここに染め抜かれているのです。これも私たちの宝物です。」と語ってくれました。

桃六3_680_453

多くの和菓子店が製造を自動化する中、桃六の和菓子に使われるお餅は、毎日、臼と杵で搗いており、小豆は手作業で煮ているといいます。桃六のショーケースに並ぶほとんどのものが、職人さんたちが朝早くから手がけています。
「和菓子は生き物ですから、季節の変化を感じながら、水加減などを調整し、ベストな味を引き出しています。道具も使っていますが、どれも私たちの手になじんだものばかり。最新式で30年前のものなんですよ(笑)。お団子、大福などの生和菓子は、今日つくって、今日食べるものだけを製造して販売しています。もちろん、保存料などは一切使っていませんから、安心してお召し上がりいただけます。」(林登美雄さん)だからこそ、つくれる個数に限りがあり、人気の豆大福や季節限定の苺大福は、昼過ぎには売り切れてしまうことも。
どこか粋な味わいの和菓子は多くの人を魅了。有名な歌舞伎役者さんや女優さんなどは、楽屋の差し入れや関係者への手土産に、桃六の和菓子を指名買いするとか。その代表格は、2012年に亡くなった森光子さん(享年92歳)で国民栄誉賞を受賞したとき、ずっしりしていて優しい甘さが特徴の『どら焼き』を関係者に贈ったそうです。お店にいると、お客様がきて、お団子や大福はもちろん、『どら焼き』や、アンドーナツのような桃六オリジナルの和菓子『沖の石』を買い求めていきます。

桃六4_680_453

「お団子はあんも人気だけれど、お餅の風味が味わえる生じょうゆの桃太郎団子140円(税込・写真下段左端のお団子)もおいしいですよ。」と、歯切れのいい江戸弁で、房子さんはすすめてくれます。
季節感を取り入れた上生菓子は1個200円(税込・写真上段左端)、大切な人の手土産に選ぶ人も多い。贈り物から、ホッとした時間を過ごすための自宅用に、京橋にやってきたら、桃六の和菓子がおすすめ。世代を問わずに多くの人が親しめる味わいだから、きっと喜ばれるはずです。

INFORMATION

名称 桃六
住所
電話番号 03-3561-1746
営業時間 9:00~18:00

※緊急事態宣言中の為、営業時間が変更になっている場合がございますので事前にご確認ください
定休日 日曜・祝日
カード 不可
Webサイト http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13037929/

RELATED POSTS 関連記事

SNAP 京橋スナップ