グルメ

気分はパリジェンヌ!気軽に味わえる本格フレンチ

2018.12.11 italian/french

京橋を歩いていて目に留まったのは、フランスのパリを思わせる赤い店構えのレストラン。
一瞬、まるでパリの街角にやって来たかのような気分になります。
この店を監修しているのは、2007年にフランス最優秀国家認定資格(M.O.F)を、若干27歳で受賞した女性シェフのアンドレ・ロジェさん。彼女は受賞後、フランスのバスク地方に『レストラン レ ロジェ』を開店。その後1年でミシュラン1つ星を獲得しました。
その名声は世界中を巡り、彼女は2009年に東京・銀座でもレストラン『レ ロジェ エギュスキロール』を開店。2012年にミシュラン1つ星を獲得しました。そして、今回訪れた『レ ロジェ ビストロ ド ロア』は、パリの伝統的なビストロがコンセプトで、アンドレ・ロジェさんが手がけるカジュアルフレンチが楽しめます。

S__3760133まるでパリにいるような気分になる外観。テラス席も心地良く、ビールやワインを楽しみたくなる雰囲気

お店に入ると、天井が高くおしゃれで心地よい空間が広がっています。ランチでもゆっくりと正統派フレンチをリーズナブルに楽しめるとあって、大盛況。
4種類あるランチメニューから選んだのは、「本日の鮮魚のポワレ」(1,470円・税込)。プチスープにパン、ドリンク、さらにデザートとしてソフトクリームがついているというお得なメニューです。

S__3940369取材日の魚料理はサワラ。ふっくらとしていてジューシーなサワラに香草とバターが効いたソースが合う。産卵期前で脂が乗ったサワラは、秋口から冬にかけて味わえる。

季節感を生かした一皿に大満足しつつも、せっかくなので、ロジェさんが提供する“フランス料理の王道”も体験したくなり、「特選国産牛のローストビーフ」(1,600円・税込)を頼みました。
フランスのビストロにある王道メニューといえば、ステックフリット(Le SteakFrites…ステック=ステーキとフリット=フライドポテト。牛肉とポテトの組み合わせは、ビストロのみならず、家庭でもよく食べられる定番中の定番料理です。)

この一皿は、たっぷりとしたフレンチフライに、肉汁をたたえたローストビーフが載っており、見た目にも満足。お肉はやわらかく、かみしめると旨みが広がります。脂身が少ない部位を使用しているので、赤身肉の旨みに夢中になり、ぺろりと食べることができます。

S__3760138厚切りにしたローストビーフは、まるでステーキのように分厚い。外側がかりっと焼かれており、内側もしっかりと温かいのにレアというプロの技が光っている。シェフのセンスが光るオレンジ風味のソースが、国産牛の旨さを引き出している。

美味しい料理を味わった後は、デザートとドリンク。ランチメニューには、コーヒーか紅茶がセットになっており、食後にのんびりとおしゃべりを楽しめます。

S__3760139ソフトクリームの味わいがコーヒーや紅茶に合う。

このレストランでは、アンドレ・ロジェさんの来日イベントや、ワイン会など様々なイベントが行われています。
ゆったりとリラックスやリフレッシュできる空間が魅力的で、上司と一緒のランチ会や、ランチミーティングなどにもピッタリ。パリのエスプリを求めて、定期的に訪れたいお店です。

今回食べたメニュー
本日の鮮魚のポワレ 1,470円(税込)
特選国産牛のローストビーフ 1,600円(税込)

ランチマップを見る

INFORMATION

名称 レ ロジェ ビストロ ド ロア 京橋店 (LES ROSIERS BISTROT DE L’OIE)
住所
電話番号 03-5542-1805
営業時間 【ランチ】[月~土・祝日]11:00~16:00(L.O.14:00)
【ディナー】[月~金]17:30~23:00(L.O.22:00)
[日・祝日]11:00~17:00(L.O.16:00)

※緊急事態宣言中の為、営業時間が変更になっている場合がございますので事前にご確認ください
定休日 不定休

RELATED POSTS 関連記事

SNAP 京橋スナップ