グルメ

季節感豊かな創作和食!副菜たっぷりの満足ランチを1,000円で

2020.06.11 washoku/osake

1

表通りから少し入った通りに、落ち着いた風情で店を構える居酒屋「一の倉」。ランチタイムは、100席を超える店内が満席になってしまう人気店です。
東京メトロ銀座線の京橋駅からは徒歩3分、JR東京駅八重洲南口からは徒歩5分というとても便利な場所にあります。和モダンな入り口から階段を下りると、1F席と2F席、2フロアの席がほとんど埋まっていて、店内は活気に満ちていました。

ランチメニューは、本日の日替わりの「鯖塩麴焼と豚バラ大根煮」と、週替わりの「豚カルビ薬味おろし瀬戸内レモンポン酢」、「油淋鶏と揚げ肉しゅうまい」、「鶏と春野菜の天丼とミニ新わかめそば」の4種類でどれも税込み1,000円。日替わりで変わるメニューのほか、炭火焼き・揚げもの・丼ものは週替わりで変わるそうで、旬の素材を採り入れた季節感のある食事が楽しめます。

本日は、「鯖塩麴焼と豚バラ大根煮」と「豚カルビ薬味おろし瀬戸内レモンポン酢」をオーダーしてみました。

2

「鯖塩麴焼と豚バラ大根煮」定食は、ふっくらと焼かれた鯖1/2尾と大根おろし、豚バラと大根の煮物、ご飯に豚汁、漬物というセットです。メインの鯖塩麴焼は、塩麴によって引き出された鯖の旨味がたまらないおいしさ。程よくのった脂に、さっぱりとした大根おろしが嬉しい一品です。豚バラと大根の煮物は、甘めの味付けで、添えられた青菜のほのかな苦みがよく合います。しっかり味のしみ込んだ豚バラや大根を頬張れば、ご飯が進むこと間違いなし。豚肉、大根、人参の入った豚汁にはラー油が効いていて、食欲を増進させます。見るからにボリューム満点のランチですが、これで1,000円ぴったりというから驚きです。

3

もうひとつの「豚カルビ薬味おろし瀬戸内レモンポン酢」は、彩りよく盛られたメインの品が食欲をそそります。炭火で焼かれた一口大の豚カルビの上に盛られたのは、大根おろし、葉ねぎ、かいわれ大根、にんじんの千切りなど。レモンの効いたポン酢味の大根おろしで、豚カルビがさっぱりといただけます。副菜の豆腐には、にんにくと胡麻がたっぷりの、熱々の食べるラー油がかけられて、後を引くおいしさです。どのメニューも、ご飯や豚汁はおかわり無料なのが嬉しいですね。

鯖のランチで使われていた塩麴は、近年の発酵食ブームですっかり定番となった調味料です。蒸した米などにこうじ菌と呼ばれる微生物を繁殖させた麹と、塩、水を混ぜて熟成させた塩麴は、江戸時代の食物について記した書物にもその名が見られるとか。肉や魚を漬けると、食品中のデンプンやタンパク質が糖やアミノ酸に加水分解され、うまみや甘みが増し、一段とおいしくなるのです。その活用法は、スープやソースの隠し味にしたり、ご飯を炊くときにほんの少し入れたり、茹で野菜やお刺身にそのままかけたり、と実にさまざま。魔法の調味料と呼ばれる塩麴を、家庭でももっと自由に楽しみたいですね。

4

広い空間に、大きめサイズのテーブルが並び、照明や調度品も落ち着いた雰囲気の店内。ランチタイムでも、ゆったりくつろいで食事を楽しめるのが魅力です。男性客が多いお店でしたが、女性の二人組なども何組か見かけました。
さまざまな人数に対応できる掘りごたつ席個室やテーブル席個室があるため、夜も幅広い場面で活用できそうです。

今回食べたランチ
鯖塩麴焼と豚バラ大根煮  1,000円(税込)
豚カルビ薬味おろし瀬戸内レモンポン酢  1,000円(税込)

INFORMATION

名称 個室居酒屋 一の倉 八重洲店
住所
電話番号 050-3463-3844
営業時間 【ランチ】[月~金]11:30~14:00(L.O.14:00)
【ディナー】[月~金]16:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 土・日・祝日

RELATED POSTS 関連記事

SNAP 京橋スナップ