グルメ

人気焼肉店の味を自宅で!厚切り和牛カルビ弁当

2021.08.27 chuka

1

厚切り焼肉の元祖として知られる『焼肉トラジ』が恵比寿で誕生したのは1995年。以来、高級店に劣らない品質と空間でありながら、比較的カジュアルに楽しめる焼肉屋としていまや関東を中心に愛知県や京都、大阪にも進出する人気の焼肉チェーンです。
場所も、東京メトロ銀座線京橋駅直結の『東京スクエアガーデン』の2階にあり便利な立地が良いですね。

テイクアウトはランチだけでなく11時~20時まで何時でも利用することができる上に、イートインよりお得です。売切れ次第終了なので予約すると安心ですよ。
今回は一番人気の「黒毛和牛カルビ弁当」(1,800円)と「ハラミ弁当」(1,500円)を注文しました(いずれも税込価格)。

2

厚切りで大判のカルビが6枚、端には牛肉とゴボウ、レンコンのしぐれ煮が敷き詰められています。

3

黒毛和牛の甘みのある脂身と柔らかな肉質で、噛むほどにジュワジュワと肉汁が口の中にあふれ出し、甘辛い焼肉のたれと絡まりご飯が進みます。

4

しぐれ煮は焼肉よりも甘めのタレで、ともに煮られたゴボウの香り、レンコンのシャキシャキ食感と合わさり味わい深い逸品です。
付け合わせには、ほうれん草のナムルと大根・人参のナムル、キムチが添えられ箸休めにうれしい塩味です。

「ハラミ弁当」にもハラミ肉のほか、牛肉とゴボウ、レンコンのしぐれ煮が乗っています。

5

カルビより脂身は抑えめで、肉肉しい食感は、噛むほどに旨味が溢れてきます。

6

ハラミはカルビに比べリーズナブルですが、最近ではカルビに負けないほど人気の部位ですよね。いずれも焼肉の定番ですが、カルビとハラミの違いについて説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。

カルビとは、そもそも韓国語で「あばら」を意味する言葉です。その名の通りあばら骨の周辺の肉で、韓国では骨付きカルビがポピュラーですね。脂ののった肉質が特長です。
いっぽうハラミは、横隔膜の筋肉のことで、肉の部位ではなく、内臓系の部位。そのためホルモンに分類されます。
カルビに比べ脂も少なくヘルシーで、赤身肉に近い味わいが特徴です。
この違いを知っておくと、体調や気分によってどのメニューを選ぼうかの判断材料にもなるので覚えておくとよいかもしれません。

店内は女性でも入りやすい雰囲気です。京都の竹材で四方を囲み、店内の中央にある天井へ伸びる竹細工のオブジェが印象的です。

6-2

席はプライベート感のある個室と、団体客にも対応できる広々としたテーブル席があり、幅広いシチュエーションにフィットします。

7

京橋店のみの韓国料理メニューもあり、料理のバリエーションも豊富です。テイクアウトでもキムチ各種やユッケジャンスープなどのアラカルトもリーズナブルな価格で頼めるので、セットにしてもよいですね。


今回食べたテイクアウト
黒毛和牛カルビ弁当 1,800円(税込)
ハラミ弁当 1,500円(税込)

INFORMATION

名称 焼肉トラジ
住所
電話番号 03-5204-1129
営業時間 ※定休日・営業時間は変更となる場合があります。詳細は店舗にご確認ください。
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:00)
定休日 施設に準じる

RELATED POSTS 関連記事

SNAP 京橋スナップ