グルメ

パリパリ食感の皮とあふれ出る肉汁!名物「羽根付き餃子」

2020.04.17 chuka

1

蒲田名物羽根付き餃子の名店「歓迎」が、京橋に出店して以来、連日賑わいを見せています。
東京メトロ銀座線の京橋駅直結の、「東京スクエアガーデン」の地下にあるそのお店は、11時30分に開店するや、瞬く間に40ほどある席が埋まってしまいました。当ビルは京橋駅のほか東京駅、有楽町駅、銀座一丁目駅からも程近い立地にあります。

ランチのメニューは、「餃子定食(羽根付き餃子8ケ)」(800円)、「鶏の唐揚げ黒酢炒め定食」(800円)、「牛バラ炒め丼+羽根付き餃子4ケ」(900円)、「鴨肉ラーメン+羽根付き餃子4ケ」(900円)の4種類。プラスの単品メニューとして、「羽根付き餃子(4ケ)」(250円)や「水餃子(4ケ)」(300円)や生ビールなどもあり、餃子をもっと堪能したい人や“ビールで餃子”を楽しみたい方にも、嬉しいラインナップです(価格は全て税込)。
本日は、定番メニューの「餃子定食」とお得な「鴨肉ラーメン+餃子」をいただいてみることにしました。

2

「餃子定食」は、自慢の餃子8個とご飯、わかめのスープ、サラダ、搾菜のセット。早速餃子をひと口ほおばると、周りの羽根がパリパリと香ばしく、そしてすぐに熱々の肉汁がジュワ~ッと口の中に広がります。皮はもちもちふわふわ、そしてよく練られた餡の旨味がたまりません。餃子は、にんにく不使用とのことですが、生姜やニラの味が効いていて、ご飯が進みます。オフィスワーカーや女性の方々にとって、臭いの心配が少ないのも良いですね。ちなみに、「にんにくはやはり欠かせない」という方には、にんにく入りの特製ダレが用意されているのも、嬉しい心遣いです。

3

もうひとつの「鴨肉ラーメン+餃子」は、鴨肉ラーメン、羽根付き餃子4ケ、小ライス、サラダ、搾菜のセットです。醤油ねぎベースのスープがあっさりとしたラーメンは、やわらかな鴨肉チャーシューも上品な味わい。のど越しのよい汁麺と食べ応えのある餃子が相性抜群で、「餃子を食べたいけれどそれほどお腹はすいていないかも」という時にもおすすめです。
「鶏の唐揚げ黒酢炒め」や「牛バラ炒め丼」のランチを注文されている方も男女ともに多く、どのメニューも人気のようでした。餃子以外の料理にも定評があるので、ディナータイムも楽しみです。

餃子はまさに日本の国民食といえるほど、老若男女に好まれるメニューです。
その餃子の歴史は、本場中国では紀元前6世紀頃(春秋時代)まで遡り、遺跡から当時餃子が食されていた痕跡が見つかっているとか。敦煌の唐代の墳墓では、副葬品として壺に入った餃子が乾燥状態で発見されているそうです。
中国では水餃子(茹で餃子)が一般的で、厚めの皮で丸く作り、主食として一度にたくさん食べます。餃子の「ジャオズ」という発音が「交子(ジャオズ):子を授かるを意味する」と同じであることや、餃子の形が清代の貨幣の「馬蹄銀」に似ていることなどから、おめでたい食べ物とされ、春節(旧正月)やおめでたい席で食されることが多いそうです。餃子の中に銀貨や宝石などを包み、その餃子に当たった人は、この年の幸多きことが約束されるといった運試しのような遊びもあるのだとか。
日本における餃子の歴史も意外に古く、江戸時代に伝わったという記録が残っています。主食の米に合うことや、焼いた香ばしい匂いが好まれる傾向にあったことなどから、もっぱら焼き餃子が主流となりました。つけダレにラー油を入れたり、餡ににんにくを入れたりするのも日本独自のようです。
餃子は、具材や調理法にアレンジを加えやすいことから、お店や家庭によって実にさまざまな餃子が作られていて、現在も進化し続けていると言えるのかもしれません。

4

そんな餃子の中でも、抜群のおいしさとコストパフォーマンスでたくさんの人を魅了し続ける「歓迎」。ランチタイムはとても活気があり、厨房のまわりは小気味よく中国語が飛び交います。テキパキとした店員さんたちのチームワークのおかげで、行列に並んでも長く待たされるようなことはありません。グループのお客さま、お一人のお客さま、高齢のお客さま……と、さまざまな方々が実においしそうにランチを楽しんでいたのが印象的でした。

今回食べたランチ
餃子定食(羽根付き餃子8ケ) 800円(税込)
鴨肉ラーメン+羽根付き餃子4ケ 900円(税込)

INFORMATION

名称 歓迎(ホアンヨン) 蒲田羽付き餃子
住所
電話番号 03-6265-1920
営業時間 【ランチ】[月~日・祝]11:30~15:00(L.O.14:30)
【ディナー】[月~金]17:30~23:30(L.O.22:30)
      [土・日・祝日]17:00~22:30(L.O.21:30)

※緊急事態宣言中の為、営業時間が変更になっている場合がございますので事前にご確認ください
定休日 無休(東京スクエアガーデンに準ずる)

RELATED POSTS 関連記事

SNAP 京橋スナップ