グルメ

遅めのランチにも対応!香辛料にもこだわった本格四川料理

2020.08.07 chuka

1

東京メトロ銀座線京橋駅より徒歩4分、都営浅草線宝町駅A8出口より徒歩1分、首都高速都心環状線の宝橋のすぐ近くに、「チャ~ボン 多福楼」はあります。テレビでも紹介された石焼麻婆豆腐や牛バラ刀削麺が人気の四川料理店です。

ランチタイムのメニューは、「本日の日替わり」が3種、「青椒肉絲(チンジャオロース)定食」(800円)、「高菜入り豚肉麺+ミニ麻婆飯」(800円)、「角煮黒チャーハン」(850円)でそれぞれ漬物・小皿2品・スープ・デザート付きとお得なランチです。
また、自家製濃厚スープが売りの麺類は、「麻婆豆腐麺」、「担々麺」、「ワンタン麺」、「岩海苔チャーシュー麺」が全て800円で、プラス50円で「ミニ麻婆丼」、「ミニ高菜挽肉丼」、「ミニライス」を追加できるというから驚きです。さらに、定食類も豊富で、「石焼麻婆豆腐」、「黒酢酢豚」、「ニラレバー」、「鶏肉と野菜の醤油味」、「生姜焼き」、「エビ玉子炒め」と全て880円です(価格は全て税込)。
季節のメニューもあり、5月中旬から10月までは冷麺が3種類、提供されています。

どのランチも魅力的でしたが、今回は一番人気の「石焼麻婆豆腐定食」と平日限定の「岩海苔チャーシュー麺」をオーダーしました。

2

「石焼麻婆豆腐定食」は、ぐつぐつと音を立てるほど熱々の状態で運ばれてきます。花椒のよい香りが食欲をそそります。定食のセット内容は食べ放題のご飯に、玉子スープ、サラダ、漬物、杏仁豆腐と男性でも満足できるボリュームです。熱々の麻婆豆腐を、やけどに気を付けながらいただくと、ほどよい辛さと旨味が口中に広がりました。「河南省で直接配合させている香辛料を使った自信作」というのもうなずけます。さらりとしたとろみとたっぷりめの豆腐のバランスも絶妙でした。辛さは「普通」で注文しましたが、調整ができるので激辛好きの方も楽しめます。紙エプロンもあるので、安心して熱々を頬張れますよ。

3

もう一つの「岩海苔チャーシュー麺」は、麺の上にのった乾燥岩海苔を、スープに浸して戻しながら食べる一品。コシのある中太麺に、しっかりダシの効いた醤油味スープがマッチしています。食べ進めるほどに岩海苔からダシが出て、見た目のボリューム感のわりにあっさりしていて、ほっとする味です。もやしや青菜もたっぷりのって、ヘルシーな中華麺でした。
さて、店名の「チャ~ボン」はユニークな語感ですが、中国福建省の地方語「ちゃんぽん」に由来しているそうです。「ごはんを食べる」という意味の「吃飯」という言葉で、親しい人に出会ったときは、『吃过飯了嗎(ご飯を食べた?)』と挨拶するのが習慣なのだとか。
現在、日本で長崎名物として食されている「ちゃんぽん」は、この言葉からきているという説と、「さまざまな物を混ぜる」という「攙混(シェープン)」や「混ぜて炒め煮にする」という「攙烹(チャンプン)」という言葉に由来する説などがあるようです。
「チャ~ボン」のオーナーによれば、長崎の麺料理「ちゃんぽん」は和製ちゃんぽんで、日本で独自の進化を遂げたものなのだとか。日本に伝わった当初の、元祖福建ちゃんぽんを復活し、日本の人々に食べていただきたいと、このお店を「チャ~ボン」と名付けたのだそう。
名前を聞くだけで楽しくなるような、「チャ~ボン(五目チャ~ボン)」(850円)は売切れだったのですが、次回の楽しみができました。

4

52席もある店内は、広々としてくつろげます。ランチタイムは、常連とおぼしき男性客が続々と訪れていました。お得なランチセットは15時まで注文できるというのも、お昼時を逃した近隣のオフィスワーカーにとってありがたいお店です。

今回食べたランチ
石焼麻婆豆腐定食   880円(税込)
岩海苔チャーシュー麺 800円(税込)

INFORMATION

名称 チャ~ボン多福楼 京橋店
住所
電話番号 050-7586-2761
営業時間 ※定休日・営業時間は変更となる場合があります。詳細は店舗にご確認ください。
【月~金】
ランチ   11:00~14:30
ディナー 16:30~23:00
【土、日】
12:00~21:00

RELATED POSTS 関連記事

SNAP 京橋スナップ